NIO の散歩道 365 植物図鑑風写真集
和名ヒメヒオウギアヤメ(姫檜扇菖蒲)
園芸(流通)名
別名
科アヤメ
属(和名属)ラペルージア(ヒメヒオウギ)
学名Lapeirousia laxa
ラテン語読みラペルージア・ラクサ
英名False freesia
原産・分布地南アフリカのケープ原産
園芸上分類多年草


 ヒメヒオウギアヤメは、南アフリカのケープ原産の多年草で、 もっともふつうに栽培されている種である。
 葉は線形で鋭尖頭となり、長さ約20㎝で幅約1㎝で数個が展開する。
 茎は細く、長さ30㎝以下である。
 一側生の穂状花序をなし、6~10花がつく。花は明るい深紅色で、 下側3個の花被片基部に黒みがかった紅色の斑紋が入る。
 花被筒部は3㎝と長く、花被片はおよそその半分の長さである。
 開花時期は、5月である。よく結実する。

 ヒメヒオウギ属は、約60種を含む属で、 その大部分がアフリカのおもに南部に分布する。
 球茎から線形ないし剣形の葉が展開伸長し、 さらに通常短く分枝する茎上にも1個以上の小さな葉がつく。
 花は茎の頂端部に穂状につく。花筒部はほぼ直立し、 花被片より明らかに長い。各花被片はほぼ等大で開張する。
 雄しべは3個である。花柱は細長く、 先端は3つに分枝する果実は蒴果である。
 [ 引用 : 園芸植物大事典 ( 塚本洋太郎総監修:小学館発行 ) ]

 アヤメ科の中には、「ヒオウギ」⇒「ヒオウギアヤメ」⇒「ヒメヒオウギアヤメ」 とあるが、ヒオウギとヒオウギアヤメは葉の形が檜扇に
似ているところから、ヒメヒオウギアヤメは 花がヒオウギに似ていて小形であるところからついたようである。

1枚目画像撮影日:2006.06.14
2枚目画像撮影日:2006.05.28

2015.09.01 First making day [6h/62hi/254800]
bt
fb
bb